【魔の山】トーマス・マン【ヴェニスに死す】

DUGA

1 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 14:07:52.37 .net
無かったので、建てました。
皆さん、トーマス・マンの作品について、語り合いましょう!

2 :吾輩は名無しである:2011/09/18(日) 06:42:22.21

ヴェニスの死す、しか知らなくてごめん
勉強して出直してくる

3 :吾輩は名無しである:2011/09/18(日) 16:37:05.42

高校生の時に、高橋訳の「魔の山」を読んだ事があるけれど、セテムブリーニとかの話が、さっぱり意味不明だった。
「魔の山」を理解するには、かなり教養が要りそう。

4 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 20:30:08.76

、『ヴェニスに死す』は、作者マンによって、近代ヨーロッパ的秩序=理性が、
海に象徴される原初的美=混沌の前に、その虚構性を暴かれつつ滅びていく作品であり、
この『ヴェニスに死す』で描かれた「死=理性の敗北」と対になるのが、
「死への憧憬から生への意志」への転回、一種の「再生」を描いた『魔の山』だと説明されています。

5 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 20:51:36.73

岩波の「ブッデンブローク家の人々」、絶版なのかあ。
岩波以外に訳無いよね?

6 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 21:02:24.14

トニオ・クレエゲルが好きだ

7 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 23:57:07.28

ブッデンブローク家の人々ってもう売ってないの?
wikipedia見たら2人翻訳してるみたいだけどどっちがいいんだろ。俺も読んでみたいんだが。

8 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 00:34:48.51

なんか、ググったら、こんなのはあったが。
http://www.gutenberg21.co.jp/buddenbrooks.htm

9 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 00:46:32.85

>>8
俺はこの川村訳で読んだ。名訳だね。
古本屋で河出版売ってるだろ?

10 :流浪のペンギン ◆vnEdybpWUU :2011/09/26(月) 01:49:43.43

『ヴェニスに死す』面白かったな
冒頭はクソややこしい文章だけど

11 :吾輩は名無しである:2011/09/27(火) 23:57:06.65

光文社古典新訳文庫にもマンあるんだね
先月発売したらしい詐欺師フェーリクス・クルルの告白、さっそく買ってみたわ

12 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 09:31:30.38

ブッデンブローク家は面白いの?

13 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 10:16:38.48

>>12
ノーベル賞はこの作で取った。とても面白いよ。

14 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 12:03:47.24

『魔の山』は集英社の円子修平訳がお勧め。今は絶版か。

15 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 20:04:49.70

マンってはまるよな。魔の山最高だわ。

16 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 08:45:44.49

最近数作読んで好きだと思ったけど同時になるべく早く卒業したいものだとも思った

23 :吾輩は名無しである:2011/10/18(火) 23:05:53.02

うんこ

18 :吾輩は名無しである:2011/10/06(木) 21:23:33.07

>>16
なぜそう思う?
その理由を教えてくれ

19 :吾輩は名無しである:2011/10/08(土) 09:16:00.00

円子修平訳で『ファウストゥス博士』を読もうと思っているが、
なかなか読み始める機会がない。本はあるんだがね。

20 :吾輩は名無しである:2011/10/14(金) 18:37:47.63

3年前にファウストゥス博士読んだっけ
そして今年ドイツのTV映画版も買ってみた
英語字幕版だがちょっと難しいw
ところで最近出たベニスに死すは新訳なのかしら
短編小フリーデマン氏は泣ける
自分も魔の山とブッテンブローグに挑みたいが読書時間がとれず断念中

21 :吾輩は名無しである:2011/10/17(月) 20:47:27.55

映画版のタッジオでかすぎだろ

いくら監督が掘れてたからって・・・

22 :吾輩は名無しである:2011/10/18(火) 22:30:13.46

小フリーデマンは救われないねぇ…。
短編なら、幻滅とか悩みのひとときが好きだな。
幻滅のああいう気持ちを、二十歳過ぎであそこまで形にできるのはすごいね。

17 : [―{}@{}@{}-] 蝙蝠ちゃん出没中 ◆MinorKeyQs :2011/10/06(木) 20:45:33.13

>>14
ふむふむ

24 :吾輩は名無しである:2011/10/19(水) 00:20:54.66

>>18
作中人物〜読者という距離感があるからこそトニオはトニオであることを気付かれ好かれてると思って。
トニオのような読者は、トニオと自分を被せてるだけじゃダメだとも自省を込めて少し思ったわけです。
狭間にいてしまってることを受け入れつつも、直視しつつも、やっぱり狭間に留まっていることにも抗いたいというか、
抗わざるをえないという気持ちを大切にしたいとか思うんですよね。(少しこんがらがってきた)
俗人でも芸術家でもないと言いながらも結局トニオは小説家でいるからこそ?トニオとして生き続けているから(?)
小説家として生きられない大半の読者はそう思うともっと別の物も読んだり、
トニオの先をもっと考えるべきなのかなぁとか思ってしまう。(かなりちんぷんかんぷんに…すみません…)

25 :吾輩は名無しである:2011/10/19(水) 00:26:26.13

トーマス・マンは大好きだけど、作家業じゃないトニオを見てみたかったなぁと。
というか他の作品も見てみます。なんか駄文長文すみませぬ。文学部じゃないしバカでした。

26 :吾輩は名無しである:2011/10/19(水) 00:40:28.98

糞スレ

27 :吾輩は名無しである:2011/10/21(金) 19:12:48.51

いやいや!
作家でないトニオとは!
考えたことがなかったけれど
なんと豊かな想像力!
すごい!

28 :吾輩は名無しである:2011/10/29(土) 10:17:06.16

短編、素晴らしいと思いまする

29 :吾輩は名無しである:2011/11/04(金) 23:05:45.28

非政治的人間の考察ってどんな感じなんだろ

30 :吾輩は名無しである:2011/11/05(土) 09:23:14.28

「ヨゼフとその兄弟」読んだひと、いる?

32 :吾輩は名無しである:2011/11/12(土) 16:03:00.79

魔の山なうだけど、読みやすいけど長いよこれ!うぉう!

38 :吾輩は名無しである:2012/01/18(水) 19:23:24.02

「ヨゼフとその兄弟」を読んだ人に聞きたい。
予備的な学習として何を読めばいいのか、まじめに答えて欲しい。

41 :吾輩は名無しである:2012/01/24(火) 21:42:03.65

『魔の山』の後半から、その傾向が出ている

44 :吾輩は名無しである:2012/01/30(月) 21:33:14.90

そうか、面白いか。
ますます読みたくなった。
ところで、「創世記の該当箇所」とはどこか教えてくれ。

47 :吾輩は名無しである:2012/02/23(木) 10:34:34.49

「神の剣」冒頭の晴れやかなミュンヘンのたたずまいが好きだ。

50 :吾輩は名無しである:2012/02/26(日) 16:20:18.04

ギョエテとは?オレのことか?とゲーテ言い。(笑)

54 :吾輩は名無しである:2012/02/27(月) 19:02:38.45

『魔の山』は、従兄弟が死んでからは、作者のモチベーションがだいぶ下がっているように思う。

61 :吾輩は名無しである:2012/03/24(土) 12:36:47.60

やたらと飯を食う場面が出てくる小説だな、『魔の山』はw
小説としては『ヴェニスに死す』の方が面白かったな。
ま、三島先生がマンを好きな理由が何となく分かったけどねw

64 :吾輩は名無しである:2012/03/30(金) 12:51:11.54

映画監督のヴィスコンティは『ヨーロッパ的デカダンスを描かせたらマンか
私』と言ってたな。『ベニスに死す』も作っちゃったけどね。
実際彼は『魔の山』も映画化の構想があったんだけど予算か何かの関係で
頓挫しちゃったんだよね。
三島は『地獄に堕ちた勇者ども』っていう映画を『生涯忘れえぬ映画』と
絶賛してたんだけどこれもマンの影響を大いに受けた作品。
生涯忘れ得なかっただろうね、観た翌年に三島は死んじゃったんだからw

98 :吾輩は名無しである:2012/07/10(火) 18:45:39.42

最後はハンスが戦地に向かうってこと自体は事前に知ってしまってたのもあって、
どういう心境の変化でそういうエンドに向かうんだろうと期待して読んでもいたので
終わり方としては少し物足りなさもあり。でもああいう風に気持ち無理やりに終わらすことしか
ないのかなと思う面もあり。とにかく物語は置いといて、とてもよかったので
もう一度言葉を拾いつつ、しばらく熟考してみるなう。

107 :吾輩は名無しである:2012/07/15(日) 11:36:52.47

まだ途中ですが、「ゲーテとトルストイ」面白いです

185 :吾輩は名無しである:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN

えらいねえ全集読むなんて
あれを25歳で書くなんて天才だね
マンの創作意欲は死ぬまで衰えなかったのもすごい

297 :吾輩は名無しである:2013/12/17(火) 04:51:52.76

>>296
普通の描写であって、あまり笑いどころでもないような・・・

352 :吾輩は名無しである:2014/09/15(月) 14:57:21.19

マンにはユーモアがあるからな
やはり大人の文学でしょう

434 :吾輩は名無しである:2015/03/14(土) 15:36:59.22

北杜夫や辻邦生も初読時に面食らったらしいから何回も読めば自ずと理解出きるだろ、くらいに思えばいいよ

536 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 14:28:07.92

全然違うけど。

687 :673/677:2015/12/07(月) 18:03:29.44

今日、古書店から下記3冊が届きました。
http://getworld.ddo.jp/pt/file/1449477490.JPG

『夫トーマス・マンの思い出』 >>654さんご紹介
『ウンラート教授』『小さな町』>>667さんご提案

『思い出』を少しだけ見ましたが、いきなり面白い話が
目に飛び込んできました。指揮者ブルーノ・ワルターと
マン家が親しく交際するきっかけとなったエピソードです。
「御宅の息子さんがうちの娘の髪の毛を引っ張るの止めさせて
もらえませんか」というワルターの苦情の電話です。
世紀の大指揮者と大作家の一般人と変わらない日常の
一端を垣間見られて面白いです。

>>682
幼少よりヴァイオリンを弾いています。大学のオケでは
1st担当です。

『アンリ四世の青春』(>>685さんご紹介)は明後日
到着予定です。

778 :吾輩は名無しである:2016/01/28(木) 08:27:43.65

やはり新潮の全集が最強ですかね

899 :吾輩は名無しである:2017/12/01(金) 07:10:31.47 ID:GA9YjWrQ

彼らの議論を読んでわくわくする人って
ドイツ人でも多くなさそう。

901 :吾輩は名無しである:2018/02/07(水) 23:44:10.37 ID:rW8CnVMb

死ぬまでにThomas Mannの本をドイツ語で読みたい。68歳にしてようやく3分の一迄来た。今年はJoseph und seine Bruederを一年がかりでチャレンジしたい。

973件をまとめました。
最新情報はこちら

DUGA